高崎線を走る安中貨物5097レ

前回のブログに引き続き昨日、高崎線沿線で撮影した、安中貨物5097レの写真を、投稿いたします。

こちらの写真も、新しい三脚を用いて撮影いたしました。

安中貨物を撮影する時に意識したのは、EH500の機関車のパンタグラフが、架線柱に掛からない様に撮影する事と、シャッターのタイミング、露出の調整でした。

やはりパンタグラフが、架線柱に掛からないと、スッキリしますね。

撮り鉄の方々が沿線で撮影する場合、電気機関車パンタグラフが、架線柱に掛からない様に撮影する事を、意識されている方々は、多いかと思います。

ただ残念なのは、曇り空になり露出がやや、不足気味になった事や、もう少し定位置から下がって、シャッターを切れば良かったですね。

冬季は日が短いですから、ターゲットの列車を撮影する場合には、撮影場所の選定も必要不可欠に、なるかと思います。

※写真は安中に向かう5097レ貨物列車。

撮影日2021年1月11日 行田~熊谷にて


f:id:kazuhiko19680908:20210112062704j:plain