上りは廃止でも影響無し?

今月のダイヤ改正で、東海道本線を走る快速アクティーは、運用が縮小され上り列車は、廃止されました。

ダイヤ改正から日も経たないですが、上り列車の快速アクティーが無くなり、東海道本線普通列車は、輸送人員のバランスを、振り分ける事に、効果は有ったのでしょうか。

快適に移動したい乗客は、普通列車グリーン車、特急踊り子号、東海道新幹線で、移動してくれと言うのが、JR東日本の本音かと思います。

まあ期間限定で特急踊り子号も、チケットレスサービス利用者の特急料金を、安価な価格にしておりますからね。

湘南新宿ラインに直通する特別快速は、現在も運転されておりますが、こちらは特急踊り子号の運行が僅少で、小田急ロマンスカー東急東横線も運転している事から、特急快速も残ったのでしょうね。

快速アクティーの上り列車廃止で、特急踊り子号の藤沢・茅ヶ崎・平塚停車もまた、復活しそうですね。

明後日にはダイヤ改正後の、時刻表2021年4月号が発売されますので、詳しくチェックしたいと思います。

※写真は東海道本線を走ってた頃の、快速アクティー東京行きE233系





f:id:kazuhiko19680908:20210317093328j:plain