非電化区間でその能力を発揮できる路線は?

こんにちは。火曜日の朝、如何お過ごしでしょうか。

今朝の東京は台風の影響で、雨模様の天気です。

さて先週、撮影した千葉の木更津と上総亀山を結ぶ、キハE130系100番台の写真を見て、非電化区間で3ドア車の、車内がオールロングスシートの車両が、久留里線よりもその能力を活かせる路線を、考えてしまいました。

JR全線の非電化区間で、都市圏に近く混雑する路線で、現在も国鉄ディーゼルカーで、運転されている路線で、もし仮に3ドアロングスシートの、ディーゼルカーが能力を発揮できる路線は、芸備線の広島から三次までの、区間かと思います。

広島地区の在来線電化路線は、山陽本線呉線可部線では、JR西日本の新型JR車両の、227系電車が運転されております。

227系は3ドア車で車内が、転換クロスシートですが、ラッシュ時間帯は乗降にスムーズなものの、転換クロスシートがちょっと、難儀な感じでございます。

それでも国鉄型車両で運転されていた頃の、115系3000番台や3500番台の2ドア車、転換クロスシートよりは、スムーズな乗り降りになりました。

その115系でも確かに3ドア車はございましたが、2ドア車と混在しての運用もございましたから、ラッシュ時には難儀したでしょうね。

話が脱線いたしましたが、芸備線の備後落合~新見の区間は、県境を通る事も有り利用者は少ないですが、広島~三次は広島都市圏を通る事も有り、利用者はまあまあおります。

芸備線もラッシュ時間帯は例外では無く、広島発着の列車はキハ40・キハ47を5両位で連結し、混雑に対応しておりますが、乗降ドアは2ドア車の為、遅延も発生しやすいかと思います。

もしこれが、JR東日本キハE130系100番台ならば、乗り降りはスムーズになりそうですね。

ただロングスシートで、座席が減り車内に立ち客が増えてしまうのは、デメリットな面も否めませんね。

また運用させるとなると、バリアフリー型トイレの設置改造は、必要になりますね。

実際に譲渡やトレードされる可能性は、皆無に等しいですが、JR西日本広島支社も芸備線の広島~三次に関して、国鉄ディーゼルカーのキハ40・キハ47の置き換えと、キハ120の転属は検討しているかと思います。

唯一3ドア車の、JR型ディーゼルカーの配置が無いJR西日本ですが、芸備線の混雑区間に関しては、3ドア車ディーゼルカーロングスシートの、キハE130系100番台を参考に、置き換えも検討して欲しいですね。

両運転台で単行運転も可能で、ワンマン運転も可能ですので、国鉄型で水島臨海鉄道で譲渡されたキハ30や、JR東日本キハE130系100番台を参考に、芸備線のキハ120以外の、新型ディーゼルカーを望みたいと思いました。

※写真は久留里線を走るキハE130系100番台。

撮影日2021年7月22日 俵田~小櫃にて


f:id:kazuhiko19680908:20210727093837j:plain

さようなら小型全国時刻表

こんにちは。4連休明けの月曜日、皆さんは如何お過ごしでしょうか。

1960年から60年以上に渡り発行されて来た、交通新聞社の小型時刻表が、今月20日の発行を以て休刊される事になりました。

ここ数年はスマートフォンの普及による、発行部数の減少や、コロナウィルス感染拡大防止による、出張や旅行の減少で、需要が激減した事も、休刊に拍車が掛かった様です。

今後、コロナウィルスが収束し、出張や旅行が増えて来たとしても、小型時刻表が復活する可能性は低いので、事実上の廃刊になりそうです。

また交通新聞社では既に、小型時刻表よりややサイズが大きい、コンパス時刻表も発行しておりますので、わざわざ小型時刻表の発行を、再開する必要性も無いですからね。

私も少年期に小型時刻表には、お世話になりましたが成人になり、小型時刻表を購入する機会は、無くなりましたからね。

今回の表紙のデザインは、1960年6月から運転された、151系(後の181系)特急つばめ号が、描かれているデザインですね。

IT化により旧来の、紙媒体による時刻表も、発行部数減少は大型版を含め、避けられないですが、スマートフォンのバッテリー消耗を避けたい時に、紙媒体の時刻表が有ると、便利な時も有りますね。

今夏の撮影業務で、鉄道利用する際は、小型時刻表も持参して、お供させたと思います。

※写真は今月20日に発行された、小型時刻表の表紙面。
60年以上に渡る発行も、事実上は廃刊は寂しいものだ。



f:id:kazuhiko19680908:20210726113646j:plain

復旧したそうです

昨日に発生した、隅田川駅構内の貨物列車の脱線事故は今朝、復旧した様です。

事故が発生した、東京荒川区南千住駅に近い、隅田川駅構内で隅田川発、東京貨物ターミナル行き72レ列車が、推進運転(機関車からのバック運転)時に、EF210-173号の機関車から3両目の、コンテナ貨車(コキ107-3)が、ポイント通過中に脱線いたしました。

この事故の影響で、隅田川発着の貨物列車が、運休と遅延を受け影響がでました。

国土交通省事故調査委員会で、今後の事故原因の発表がございますが、今回の脱線事故で、推進運転からプシュプルで、入れ替えを行いそうですね。

※写真は常磐線を走る土浦発、隅田川行き2092レ貨物列車。(写真はイメージです。)

撮影日2021年6月15日 南柏北小金にて




f:id:kazuhiko19680908:20210725084306j:plain

臨時特急踊り子号は運転取り止めですね

おはようございます。連休最終日の日曜日の朝、如何お過ごしでしょうか。

今日の写真は先週、埼玉川口の並木と西川口に有る、川口~西川口で撮影した、E257系2000番台の回送列車を、投稿いたします。

以前もこちらの区間で撮影いたしましたが、今年2月に撮影して以来、5ヶ月ぶりの撮影となりました。

特急踊り子号の臨時列車に関しては、今夏はコロナ禍感染防止による、利用者減少を見込み運転取り止めの様です。

首都圏と伊豆を結ぶ、特急踊り子号も今春のダイヤ改正で、E257系2000番台で運転される様になりましたが、折角の4連休も特急サフィール踊り子号は、臨時列車も運転されるのに対し、特急踊り子号の臨時列車は、運休になるのですから、ちょっと残念な気がしますね。

ただこの4連休、高速道路は渋滞している区間も、関東エリアだげでもかなり、発生しておりますので、レジャーはマイカーで、移動されているのかと思います。

臨時列車の特急踊り子号も、この分ですと秋も運転取り止めになりそうですね。

※写真は大宮総合車両センターに回送中の、E257系2000番台電車。

撮影日2021年7月21日 川口~西川口にて



f:id:kazuhiko19680908:20210725054254j:plain

東京湾を航行中の東京湾フェリーしらはま丸

おはようございます。連休3日目の土曜日、皆さんは如何お過ごしでしょうか。

昨日は東京オリンピックの開会式でしたが、コロナ禍感染防止にも拘わらず、4連休と夏休みで国立競技場周辺は、混雑していた様ですね。

さて今日の写真は先日、千葉富津の浜金谷で撮影した、航行中の東京湾フェリーしらはま丸の写真を、投稿いたします。

東京湾アクアラインを経由する、マイカーや高速バスにより押され気味の、東京湾フェリーですが、やはり40分掛けて神奈川県横須賀の久里浜と千葉県富津の浜金谷を、ゆっくり移動できるのは、最高の時期かと思います。

確かに外は暑さが厳しいですが、晴れた夏空をバックに他の船舶を眺めたり、東京湾上空を通過する飛行機を眺めたりできるのも、魅力的なのが東京湾フェリーの特徴です。

またカモメの群れを観察できるのも、東京湾アクアラインではあまり、味わえないですね。

この4連休や夏休み期間中は東京湾フェリーも、東京湾アクアラインの渋滞を避ける為、利用者も多い時期ですが、40分を有意義な移動で、楽しんで欲しいですね。

※写真は夏の日射しが強い、東京湾をバックに浜金谷に向かう、東京湾フェリーしらはま丸。(写真上)

船内のビアガーデンで販売されている、カシスソーダ。(1杯¥400円 税込 写真下)
東京湾フェリーしらはま丸船内にて。

撮影日2021年7月18日

f:id:kazuhiko19680908:20210724094910j:plain

f:id:kazuhiko19680908:20210724095001j:plain

久留里線沿線でキハE130系を撮影いたしました

おはようございます。スポーツの日の祝日金曜日、皆さんは如何お過ごしでしょうか。

今朝は千葉市内のホテルから、ブログを投稿いたします。(後述)

昨日は東京の自宅から、東京湾アクアライン経由の高速バスで、千葉の木更津まで移動し、木更津から久留里線キハE130系に、初乗車いたしました。

既にデビューしてから9年になるにも拘わらず、乗車機会が遅れたのは、ダイヤの悪さや平行して走るバスダイヤの悪さが、乗車機会を逃した原因かと思います。

千葉市内で宿泊したのも、撮影地の君津エリアの小櫃・俵田・久留里で、夏の日射しが長い時期に、撮影したかったのと、俵田から鴨川までの高速バスカピーナ号に、乗車したくて接続の悪い久留里地区で、撮影業務いたしました。

さて久留里のキハE130系を、木更津~小櫃まで乗車し、そのキハE130系を沿線で撮影したかったので、駅から約1kmの撮影地まで歩きました。

今回、数本の列車を撮影いたしましたが、その中で良かった写真を、投稿いたします。

こちらの写真は木更津行きの、久留里線キハE130系の2両編成ですが、アウトカーブを通過するシーンが堪らないですね。

夏草が気になる処ですが、それでも足を運び、撮影できたのは、本当に良かったと思います。

久留里線キハE130系は一昨年の夏、木更津~祇園で撮影いたしましたが、あまり良い写真では無かったので、今回の撮影で目的を果たしました。

次回は何時になるか分かりませんが、機会が有れば足を運びたいと思います。

それでは今日も連休を、お楽しみください。

※写真は久留里線キハE130系ディーゼルカー

撮影日2021年7月22日 俵田~小櫃にて




f:id:kazuhiko19680908:20210723070502j:plain

暑さが厳しく短時間の撮影で撤退

昨日は埼玉川口並木地区の撮影地で、撮影業務いたしました。

前回は西川口~蕨で、撮影業務を行いましたので今回は、川口~西川口で撮影する事にいたしました。

午後の撮影業務でしたが、あまりの厳しい暑さに、日射病(現在は熱中症)のリスクを考慮し、帽子を被りながらも、短時間の撮影で終えました。

跨線橋から俯瞰撮影をいたしましたが、日中でも川口並木と西川口の間を移動される、歩行者や自転車もまあまあおり、あまり集中して撮影できませんでした。

まあそれでも何とか、鉄道写真と上空を通過する、航空写真を撮影いたしましたので、足を運んで良かったと思います。

今日の海の日も、猛暑日の地域が多いですが、どうぞお体に気をつけて、お過ごしください。

※写真は上野に向かう、特急草津2号651系電車。

撮影日2021年7月21日 西川口~川口にて



f:id:kazuhiko19680908:20210721234659j:plain